PAGE TOP

ブライダルローンもカードローンと同じ金融

ろうきんブライダルローン審査は厳しい?【審査甘い金融機関の選び方】

現在のブライダルローンの事情について解説。銀行や各種金融機関のフリーローン枠を使って、結婚資金のためのブライダルローンとして活用することができます。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融
ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通らなければ借り入れることはできません。

ブライダルローンは低金利で高額の融資になりますからカードローンよりも格段に審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下、勤続年数が1年未満、非正規雇用などがあげられます。

又、過去に自己破産を経験していたり複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。

銀行のブライダルローンは目的別ローンとされていることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道をブライダル関連に限定することで一般のカードローンよりも低い金利で借りることができるのが大きなメリットです。

一方、消費者金融のキャッシングでは目的別ローンになっておらず使い道が自由なフリーローンになります。

カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%前後と格段に低くなっています。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですがカードローンだと、初回の借入額は多くて数十万円が関の山です。

ブライダルローンを結婚式のため利用するという方が多いと思いますが融資を受けることには変わりませんので、事前にシミュレーションをすることがとても大切です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでまずは相場の金額で毎月の返済額や金利を含めて計算しましょう。

借入金が300万円でボーナス払いナシ、金利7.0%、毎月4万円で計算しますと、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、100万円くらいは赤字になる人が多いようです。

だったら100万円のローンを組めばいいのでは?と思うかもしれませんが必ずしも赤字が100万におさまるとは限りませんのでご祝儀を当てにするのは危険です。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですがキャッシングローンに変わりないので返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息が優先して返済されることになります。

そして範囲内に残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息が多くなりますから、なるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

もし、ブライダルローンの借入が御祝儀で賄えるのであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀では一括返済に足りない場合は返済計画をきちんと立て無理のない返済をしていきましょう。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

金利についても大きく違いがあり、ブライダルローンは5%から7%なのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%と非常に高金利に設定されているのがわかります。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており2位は400万円から500万円(約12%)、3位は350万円から400万円(約10%)となっているようです。

全国の平均相場価格は専門誌やサイトによってある程度ばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行費や、引っ越し代など結婚式費用プラス100万円以上は必要になるでしょう。

更におめでたが重なると出産費用や赤ちゃんをお迎えする準備などにもお金がかかってきますからプラス20から30万円多くなることを想定しておきましょう。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪などこだわればこだわった分大金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルはかなり高く厳しいものになります。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他、源泉徴収票や収入を証明する書類なども求められます。

基本的にブライダルローンでは保証人は不要とされているのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは、結婚に関する目的以外には認められません。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから結婚を考えるという方も多いと思いますが、金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

クレジットカード会社のオリコのブライダルプラン(ブライダルローン)は金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

満20歳以上で安定した収入がある人であれば申込むことができ収入や雇用形態などは特に気にしなくても良いようです。

融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、ブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンの返済方法に悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにして返済プランを組んではいけません。

一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれており100万円程度の赤字になってしまうのがほとんどのようです。

仮に1人あたり3万円のご祝儀を用意してくれたとしても招待者数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ということになりますので、90万円の赤字になります。

100人を招待することが可能であれば実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。
関連記事