PAGE TOP

ブライダルローン返済方法についてどの方法

ろうきんブライダルローン審査は厳しい?【審査甘い金融機関の選び方】

現在のブライダルローンの事情について解説。銀行や各種金融機関のフリーローン枠を使って、結婚資金のためのブライダルローンとして活用することができます。

ブライダルローン返済方法についてどの方法
ブライダルローン返済方法についてどの方法がベストなのかと悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにして返済プランを組んではいけません。

一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれており具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待する人数が70人の場合はご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になります。

どうにかして100人を招待することができればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

みずほ銀行にはブライダルローンという商品はありませんが結婚費用にも利用可能なみずほ銀行多目的ローンが用意されています。

最長返済期間が7年、最大融資金額が300万円までとなっておりますが無担保ローンの借入残高が前年度の税込年収の50%以内でなければローンを組めません。

さらに低金利である変動金利にすることもできます。

又、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していたという人であれば更に年0.1%の金利引き下げとなります。

申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上必要で、前年度税込年収が200万円以上となっています。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングローンと言う意味では共通していますが両者には大きな違いがいくつもありますので注意が必要です。

ブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンは銀行や消費者金融業者が提供するフリーローンです。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

申込手続きや審査に関してもブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

ブライダルローンは各金融機関にて提供されていますが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですがお金の使途に関する制限というのは、実は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れは不可となっていますしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ブライダルローンの選び方で重要なことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで容認されているかということになります。

金利が低く融資の限度額が大きければ大きいに超したことはありませんがしっかりシミュレーションをし、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンも基本的にはカードローンと同じですから審査に通らなければ当然融資を受けることはできません。

ブライダルローンは低金利で高額の融資になりますからカードローンよりも厳しい審査になることは避けられません。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

又、過去に自己破産を経験していたり複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが信用情報自体が記録されていないので落とされる可能性はあります。

クレジットカード会社のオリコのブライダルプラン(ブライダルローン)は申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人ということで収入や雇用形態などは特に気にしなくても良いようです。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ融資金額が50万円以下だと最長4年となります。

オリコでの融資総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必須となります。

又、オリコからの借入れ合計額と他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴だといくらぐらいが相場なのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で第2位は400万円から500万円、第3位は350万円から400万円となっています。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行費や、引っ越し代など結婚式費用プラス100万円以上は必要になるでしょう。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

ブライダルローンとは結婚に関連する出費に限り融資を認めると言うローンで通常のカードローンよりも低金利でお金を借りられます。

消費者金融などには無利息期間が設けられていますがブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する資金を無利息で借りたい場合は無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますから結婚式のご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息のブライダルローンというわけです。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に返済できてしまう場合、金利が高くても関係ありませんね。

ブライダルローンは結婚にまつわる費用を融資してくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

通常のカードローンよりも金利が低くというメリットがありますが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や引っ越し費用などかなりのお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますがブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のようにブライダル専門のローンを用意している銀行もありますが多くの銀行では目的別ローンなどで対応していることが一般的です。

一方でクレジットカード会社が提供しているブライダルローンもあるのですが、こちらは式場と提携しているケースが多く、クレジット会社指定の式場で結婚式をあげることが融資を受ける条件になっていたりします。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプのローンの場合、6.0%から15.9%と高めになっています。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

その中でもジャックスの「プレシャンテ」は金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円なので銀行よりも条件が良く、しかもクレジット対応なので口コミ評価はおおむね好評のようです。
関連記事