PAGE TOP

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライ

ろうきんブライダルローン審査は厳しい?【審査甘い金融機関の選び方】

現在のブライダルローンの事情について解説。銀行や各種金融機関のフリーローン枠を使って、結婚資金のためのブライダルローンとして活用することができます。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライ
銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供するブライダルローンもありますが式場と提携しているケースが多く、クレジット会社指定の式場で結婚式をあげることが融資を受ける条件になっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利は5%から7%が相場ですが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0から15.9%ですので、高いのは否めません。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社の中にも、銀行と匹敵するほどの低金利なものもあります。

ジャックスのプレシャンテは金利が6.5%ですから楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円なので銀行よりも条件が良く、しかもクレジット対応なので口コミ評価はおおむね好評のようです。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低いというメリットがある一方で、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは結婚に関連した使途以外には利用は認められません。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

ブライダルローンは各金融機関にて提供されていますがどこを注意して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは使途が限られているローンなのですがお金の使途に関する制限というのは、実は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れは不可とされていますしジャックスだと、挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用も認めています。

ですから、ブライダルローンの選び方で大切なことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで認められているかをということです。

低金利で融資限度額が大きいに超したことはありませんが毎月の返済額などを考慮して無理のないプランを組めるローンを選ぶことをおすすめします。

ブライダルローンの返済方法をどのようにするべきか頭を抱えている人も多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけません。

一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれており100万円程度の赤字になるというパターンが多いようです。

具体的に計算してみますと、1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定してしかし、何とか頑張って100人を招待することができればギリギリ300万円集まりますから、完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうでブライダルローンというものは、結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますが残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

消費者金融のカードローンは金利が高いと言われていますが無利息期間内に完済してしまえば、金利の高さは関係ありませんね。

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれるというのが最大の魅力でもあると思うのですがキャッシングローンには変わりがないので返済期間が長いほど利息は多くなります。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し残った金額が元本に充てられます。

つまり、返済期間が長いほど利息が多くなるので返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができます。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀では賄いきれない場合は返済シミュレーションをしっかりし、着実に返済していきましょう。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚に関する費用以外の使い道は認められていません。

ブライダルローンは目的別ローンと呼ばれるローンで医療ローンや教育ローンなどと同じ種類と言えます。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

フリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類がないと融資が下りないということです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンを申請する前に借入残高の確認をしなければなりません。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも無制限に貸してくれるというわけではなく、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借入可能ですが1人当たりの貸付総額は500万円と設定されているため、すでに楽天スーパーローンで300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないということになります。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがすでにみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に制限されてしまいますのでご注意ください。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので二つには大きな違いがいくつもあります。

ブライダルローンは主に銀行などが提供している目的別ローンですがカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンでは3.0%から18.0%と高い金利に設定されているのです。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは割と審査が簡単とされていて、即日融資も可能だったりします。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と大きいですがカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

ブライダルローンというものは結婚に類する出費にしか使えないという制約があるのですが結婚式のほかにも新婚旅行や新居の購入費なども用途が認められています。

家を購入することになった場合、大多数の人が住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば低金利で融資を受けられたり、審査に通りやすくなるなどのメリットを享受できます。

通常、住宅ローンの頭金は多く用意できるほうが良いとされていて物件価格の2割から3割程度、用意しておくことができれば安心です。

例えば、2000万円の物件を購入する場合には、頭金は400万円から600万円ということですのでとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

そこでブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金の一部に回せば低金利での資金調達が可能となるのです。
関連記事