心理カウンセラーの資格取得方法

心理カウンセラーの資格を取得するためには、色々な財団法人やNPO法人などが主催する心理カウンセラー養成講座を受けることが最短です。

ただしこの場合の資格は任用資格になるので国家資格などというような効力を発揮しないこともあります。

ヒーリングサロンでのセラピストとして個人開業を考えている場合にはこの様な任用資格でも十分でしょう。

心理カウンセラーになるためには、多くの場合主催団体が開催する講習会に参加し、決められた履修時間での講習や実技等を修了することが必要になります。

通信教育などでもメンタルケアに関する講座や、心理に関わるカウンセリングの講座が数多くありますので、あなたに見合った講座を探されるとよいでしょう。

子供に対してのカウンセラー養成の講座も人気の高いものと言えるでしょう。

民間企業や公的機関での心に関する専門職などを目指す場合には、臨床心理士や産業カウンセラー・精神保健福祉士などの民間資格が必要になります。

精神保健福祉士は国家資格になり、福祉施設などで勤務することができます。

臨床心理士は文科省が認可する団体が主催する認定資格になり、スクールカウンセラーとして心理的なカウンセリングを行う際に必要とされる資格となります。

臨床心理士になるためには、受験資格が必要になります。

4年制大学や大学院で心理学または臨床心理学を履修していること、大学院修了者で諸外国で2年以上の心理臨床経験を持っている事、医師免許取得者で取得後2年以上の心理臨床経験を有する方が対象となります。

ページのトップへ戻る