ネイルケアの仕方って?

ネイルケアをしている女性は多いかもしれませんが、意外と知らない正しいネイルケアの仕方についてご紹介します。

まず、ネイルケアにはいくつか必要なものがあります。

無くても代用できるものもありますが、できればエミリーボードはあった方が良いですね。

これは爪の先を削って爪の形を整えるものです。

その他には、甘皮処理に使用するウッドスティック、古い角質、不要な甘皮を除去するためのキューティクルリムーバーとコットンがあると良いでしょう。

その他には、ささくれを除去するキューティクルニッパーやキューティクルオイル、そして爪の表面の凹凸をなくすために使うバッファーがおすすめです。

次にネイルケアの方法ですが、まずエミリーボードを使って爪の形を整えていきましょう。

目の粗さなどはエミリーボード同士を擦って調整してくださいね。

爪を傷めないようにするために、45度の角度で爪に当てるようにし、往復させずにどちらかの方向にだけ削るようにします。

最初に先端からサイド、最後にコーナーを削っていきましょう。

最後に爪全体のバランスを見て、整えて下さいね。

次に甘皮の処理を行いますが、先端を丸くしたウッドスティックにコットンを少し巻き付けて使うようにします。

キューティクルリムーバーを甘皮部分に付け、少しなじませたらぬるま湯に3分ほどつけて甘皮部分を柔らかくするのです。

先ほど準備したスティックを水で濡らしたら優しく甘皮部分を押し上げ、優しく取り除きましょう。

これだけで取り除けない場合は、キューティクルニッパーを使うと良いですね。

最後にきちんと保湿をするようにしましょうね。

丁寧にこういったネイルケアをすることによって、きれいな爪を保つことができるでしょう。

ページのトップへ戻る