転換社債とは

会社が発行する債券、社債。

その一種に転換社債と呼ばれるものがあります。

いわば会社の借金ともいえる社債。

資金調達が厳しい状況となっている現代において社債の重要性は高まりつつあります。

また低金利が続いている状況から購入する側も資産運用の手段として有力な選択肢となります。

会社の経営が順調なら定期預金や国債よりも高い利率で運用することができます。

転換社債とはそんな社債をさらにバリエーション豊かにしたものです。

簡単にいえば社債をいつでもその会社の株式に転換することができるものです。

つまり、最初は社債として購入したものの、やはり株式に切り替えたいと思った場合にすぐに変更することができるわけです。

ではこの転換社債にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

それは社債の発行元の会社の事業が好調な場合に大きな意味を持ってきます。

社債の場合、いくら業績がうなぎのぼりになっていても利率は一定ですから受け取れる利息は変わりません。

しかし株式に切り替えれば株価の上昇によって大きな利益を得ることができるのです。

資産運用に柔軟性を持たせたい場合にこの転換社債は有力な選択肢となってくれるでしょう。

ただし、リスクに関する注意も必要です。

業績が悪化した場合、株価が下落することで損益を出してしまうこともあります。

また、万一会社の経営が破綻してしまった場合、社債の方が元本を回収しやすくなります。

安定した運用を目指すなら社債のまま、高い利益を得たいなら株式に。

目的や会社の業績を見極めながら判断することができるのが大きな特徴といえるでしょう。

ページのトップへ戻る